教えない教え

『教えない教え』権藤 博(著)

 

権藤 博氏。
1938年生まれ。佐賀県出身。
元プロ野球選手・近鉄、ダイエーを経て横浜のコーチ・監督を歴任。
1998年には、横浜を優勝に導く。
現在は。野球界のご意見番として活躍。

 

そんな権藤氏は今注目の斎藤佑樹投手をどのようにみているのでしょうか?
ある記事では、こんな言葉を残しています。

 

沖縄キャンプで初対面した時、「なんて透明なきれいな顔をしているんだろう」と
見とれてしまったが、はてよ、甲子園の優勝、早大でも30勝で日本一にもなった。

 

そんな修羅場を生き抜いてきた男の面構えがないのはどうしてか。
140キロのストレートなど投手としての絶対的な武器もない。
そうか。順応性だ! 高校時代には高校時代の、大学時代には大学時代の、その時々の環境やレベルに順応し、その時点で、持っている自己の能力、パフォーマンスを最大限に発揮する術を持っているからだという結論に達した。

 

鋭く、的確に意見する権藤氏。
著書『教えない教え』の中では、「無理せず、急がず、はみださず」に己の直感を信じ、「投球フォームは選手の主張」とフォーム指導をしないなどの、独自的な指導方法で多くの選手を育ててきた経験を綴っています。

 

ジャンルに関係なく人材を育てる、成功させる秘訣がわかる1冊。

 

 

コメントは受け付けていません。