野村ノート

球界のノートといえば、「野村ノート」。

 

元楽天イーグルス監督・野村克也氏の著書です。

 

この「野村ノート」のもとになるのが、野村克也氏が現役の頃につけていた、
「野村メモ」。
捕手がとして受けた投球内容を、細かく記録した貴重なデータ。

 

そして、ヤクルトスワローズや阪神タイガーズの監督を務めていた頃に、
選手指導のために選手に配布されていた、「ノムラの考え」。

 

戦略や戦術だけでなく、社会人としての生き方なども語られており、
多くの選手に影響を与えたノート。

 

「野村ノート」はこれらのノートの進化版。
ヤクルト・古田と巨人・阿部の違いとは?
清原の打撃に抱く疑問とは?
西武・松坂が打ち込まれる理由とは?など・・・具体的な選手や試合の例を挙げて、
技術、采配、選手の育成法を解説。

 

「ID野球」を確立した野村克也氏の野球論や人生観を知ることができます。
本書の中で自分の性格について語り、自らを「月見草」と称している場面も。
今まで知らなかった野村克也氏を知ることも。

 

野球好きの野球本としてだけでなく、人材育成などの指導者としての心得も
学べる1冊。

 

 

コメントは受け付けていません。