血行について

血行が悪い人も、腰に痛みを感じやすくなります。血は、全身をめぐっています。酸素やその他の栄養素も、血管に乗って運ばれていきます。つまりは、血行が悪くなると、全身に血が回らなくなり、必要なものが動かなくなるのです。
また、筋肉がないと血のめぐりは悪くなります。心臓からポンプのように送り出される血液は、筋肉に支えられて動いています。何らかの原因があって筋肉が縮こまる状態に陥っていると、血液も正常には働かなくなり、滞り、動きが悪くなります。

 
体の中心である腰は、筋肉が日常生活で動かされにくいことは述べました。手や肩や足は意識せずとも日常生活で動かしますね。でも腰を意識して動かしている人は少ないのではないでしょうか。ひねる、そる、という動作でしか腰の筋肉を伸ばすことができません。それがストレッチを行う時の動作になりますが、日常生活でそれらをふつうの行動として行っている人がどれほどいらっしゃるでしょうか。中腰での行動が続き、固まってきたことを意識して、逆方向に反らしてみる、という方が大半ではないでしょうか。

 
強めの、体にあとが残るほど締め付けるような下着は、血行を止めてしまいます。また、寒くなるとそれだけで血管も動かなくなります。血行を良くすることを意識しして取り入れてみましょう。

 

 

 

コメントは受け付けていません。