イチロー262のメッセージ

「イチロー262のメッセージ」
著:「夢をつかむ イチロー262のメッセージ」編集委員会

 

2004年、メジャーリーグ新記録である、1シーズン262安打を達成したシアトルマリナーズのイチロー選手。

 

この本は、2001年にイチロー選手がメジャーリーガーとしてデビューしてから、
4年の間の彼の発言を、安打記録と同じ262個厳選したもの。
彼の発言は様々なメディアで度々取り上げられ、注目されてきました。

 

イチロー選手の言葉はシンプルですが、重みがあり印象に残りま。
そして深く考えさせられます。

 

「精神と目標」「準備と訓練」「不安と逆風」「形と野球観」「技術と結果」の5部構成。
1ページに1個の言葉。
自分の心に響く言葉がいくつかみつかるはずです。

 

「ちいさいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道。」
「ムダなことを考えて、ムダなことをしないと、伸びません。」
「相手が変化したから自分も変化しようとする、これが一番怖い。」
「ただいい結果だからと自分を認めていたら、今の僕は無かった。」
「スランプとは、感覚をつかめないことである。」など・・・
イチロー選手は天才だと思われがちですが、誰よりも悩み、苦しみ、戦ってきたのがイチロー選手。

 

自ら夢をつかんだ成功者ならではの言葉。
全てに通ずるメッセージです。

 

 

コメントは受け付けていません。