不動心

“不動心”とは、他によって動かされることのない心。動揺することのない精神を言います。

 

石川県に生まれ、星陵高校時代は甲子園に4度出場。
ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。
その後ニューヨーク・ヤンキースと契約し、夢のメジャーリーガーへ。世界的な強打者となった松井秀樹選手。

 

そんな松井選手が、左手首骨折という、選手生命に関わる大怪我に見舞われます。
手術を経てチームに戻り、その後のワールドシリーズで大活躍。

 

彼が見事な復活を遂げたのは、彼の心の中に“不動心”があったから。
彼の著書「不動心」は、今まで歩んできた野球人生の道筋や、その過程で手にした
独自の考え方が綴られています。

 

高校3年の夏、甲子園では5打席連続敬遠という悔しい思い。
阪神タイガーズの縦じまのユニフォームを夢見ていたこと。
著書の中では「僕も人並みに悩みます。苦しみます。失敗します。」と告白。
しかし、マイナスをプラスに変える。
悔しいことは、あえて口に出さない。
7割の失敗と上手に付き合うなど・・・

 

今まで身につけてきた、何が起きても負けない不動心。
成功に導く「心の構え」を明かしている。

 

 

コメントは受け付けていません。